キッチンをリフォームするなら

  • キッチンをリフォームするなら

    • キッチンは毎日の食事作りに活用することで汚れやすく設備機器などの傷みも目立つ場所です。そのためリフォームしたい場所のランキングでは常に上位にランクインする場所でもあります。



      そんなキッチンをリフォームするときに是非取り入れてみたいのがパントリーです。

      船橋市でリフォーム関連のノウハウを解説します。

      これはキッチンの一部分やキッチンの続きの間に設けられる収納のためのスペースで、常備食や調味料などのほかにも食器や調理器具など多くのものを収納することができるものです。


      乾物や缶詰などの日持ちのするもの以外にも、湿気を吸いやすい粉ものや、野菜、米などの貯蔵もできるように、設置する場所を選ぶときには、直射日光が当たらず、通気性を確保できるようにすることが大切です。
      キッチンは常に食品や調理器具、調味料など様々なものを置く場所でも有り、収納で在庫をきちんと把握できる状態にしておかないと、過剰な在庫を抱え込んでしまうようになり、結果的に賞味期限切れの食品を作ってしまうことにも繋がります。

      大切な食事を作るための材料が常に新鮮な状態で、何をストックしているかがすぐにわかるように保存するためには、使いやすいパントリーが強い味方になります。
      キッチンのリフォームを考えるとき、最新設備が搭載されたシステムキッチンなどに目が行きがちですが、たとえシステムキッチンのサイズを少し小さくしても、リフォームのタイミングでパントリーを作ることは、大容量で使いやすい収納のある使い勝手のよいキッチン作りに繋がります。

      足立区トイレリフォームをご紹介いたします。

      洗面所は狭くて物があふれているイメージがあります。



      一坪ほどのスペースに洗面化粧台や洗濯機、洗濯カゴなどが並んでいて、お風呂にはいるときの着替えをやっとできるスペースという家が多いことと思います。
      洗面所をリフォームするときに、洗面台はどちらかといえばスリムなタイプのものを選べば狭い洗面室でも空間に余裕が生まれ、その分家事がはかどる多機能に使える空間にリフォームすることが出来ます。



      大容量の大きな洗面台ではなく、洗面台のサイズをすっきりとしたスリムタイプのものにすることで生まれた空間にカウンターを設置すれば、洗面所で洗濯物をたたんだり整理したりできる家事スペースが確保できるようになります。

      http://tsutaya.tsite.jp/search?dm=0&ds=1&ic=3&st=0&k=&hp2=&hp=&gl=EXT000073X0S&gm=EXT00007413I&gs=EXT0000751Z3&md=&ri=

      さらに現在は洗濯機と乾燥機が一体化したものが人気なので、洗濯乾燥機の上部のスペースにゆとりがある洗面所は少なくありません。


      洗濯したものをそのまま洗面室に干すことができるように天井部分に取り付ける竿を上げ下げできる室内物干し用のユニットを活用すれば、部屋干しスペースとしても利用することが出来て大変便利です。

      http://www.sankei.com/economy/news/151001/prl1510010002-n1.html

      狭いスペースですが、洗面室の中にはタオルや石鹸、洗濯用洗剤など、置いておくものが多いのが悩みの種です。
      そんなときにはリフォームで設置したスリムでも大容量の収納が確保できる洗面化粧台が活躍します。

      鏡部分の裏側が収納スペースになっており、扉を兼ねた鏡を閉めれば中に入っているものがすべて隠せるので、歯ブラシや化粧品、ドライヤーなどの日常的に使う身の回りの道具をすべて収めることが出来ます。



  • 関連リンク