日が差し込まない部屋を窓リフォームで明るい部屋に - キッチンをリフォームするなら

キッチンをリフォームするなら

  • 日が差し込まない部屋を窓リフォームで明るい部屋に

    • 窓と言うと、通常は壁面に設置された窓を想像します。
      壁面の窓はひとつの方向を向いているので、窓から光が差し込む時間帯が限定され、さらに庇や軒、近隣の建造物などの陰になりやすく、一日中ずっと窓から明るさを得ることは困難です。


      まして北向きで一日中日差しの入らない部屋の場合、壁面に設置された窓だけでは暗くて使いづらい部屋になってしまいます。

      そんなときこそ採用したいのが天窓です。

      屋根に取り付ける天窓は、昼間のほとんどの時間帯で一定の自然光が入るため、直接日差しを受けられない位置にある部屋でも劇的に明るくする効果あり、室内に自然光が入ることで日当たりの悪い部屋でもとても気持ちのよい空間にする効果が期待できます。

      一般的に天窓から入る光は部屋の奥まで明るく照らす効果があり、壁面の窓に比べて3倍もの採光効果があるといわれています。そんな天窓ですが、光を取り入れやすい点が最大のメリットですが、夏の暑い時期には室温を高くしてしまうのがデメリットです。そのために窓リフォームで天窓を取り付ける際には、断熱性と遮熱性の高いペアガラスなどを採用するのがおすすめです。

      窓リフォームをより効果的にするために、一年を通して出窓のメリットを活かしデメリットを克服できるように、例えば日差しを遮る機能もつけるなどの工夫が必要とされます。

      また、採光だけでなく開閉できるタイプの天窓を選べば換気性も向上するので、より明るく心地よい部屋にリフォームすることができます。

      マンションをリフォームするのに最低限知っておかなければならないことがあります。


      それは、どこの範囲までリフォームすることができるかと言うことです。

      マンションの場合は、一戸建て住宅と違い、明確な境界線というものが存在しませんのでいまひとつどこまでが自分の敷地なのかが分かりにくいのです。


      通常、マンションには共有部分と専有部分に分かれています。
      専有部分と言うのは自分が所有している部分のことですが、これはコンクリート躯体の内側に限られます。

      例えば、天井をいじる場合であれば特に問題なくリフォームすることができます。


      ただし、天井を高く上げる場合にはコンクリート躯体の高さまでであれば問題ありませんが、コンクリート躯体の上を超える場合にはリフォームすることができません。では、窓サッシについてはどうでしょうか。
      これは、占有部分と思われがちですが、実際は共有部分になりますのでいじることはできません。防音窓になっている場合があるからです。ただし、管理会社の許可を得ることで窓をいじることは可能になります。
      窓サッシの内側であれば専有部分と解釈されますので、自由にいじっても構いません。

      バルコニーについては、窓の外になり、共有部分と解釈できますので、デザインを変更したり、外壁を塗装することも不可能になります。
      また、物置を置くことも禁じられている事に注意をしましょう。


      ちなみに、マンションによっては布団や洗濯物を干すことも禁止されていることがあります。



      横浜でリノベーションは評判がとっても良くて有名です。

      神奈川のリフォームの情報探しはこのサイトから初めてください。



      リフォームの最新情報を紹介しています。

      http://news.jorudan.co.jp/docs/news/detail.cgi?newsid=SU20160204105384

      http://jp.reuters.com/article/FeaturedTopicJapaneseStocks/idJP00093500_20140514_04320140514

      http://www.tokyo-np.co.jp/article/feature/tohokujisin/list/CK2012110202100003.html

  • 関連リンク

    • 最近若い世代に注目されているのが中古住宅のリフォームです。一戸建てのみならずマンションも対象となります。...

    • リフォームをしようと考えている時には、家屋の設備が古くなったりして何とかしなくてはいけないと思って、ため息をつきながら業者の比較などをしていたりする事もあるでしょう。けれども、作業をしようと思っているのであればもっと長く今後も家に住み続けたいと思っているからこそです。...